2010年10月アーカイブ

私にとってこの10年間、母親代わりだった伯母が

本日の正午、入院先の病院で亡くなりました。

 

大切な人を亡くした辛さはジワジワ襲ってきています。

でも、おばちゃんの両親や、旦那さん、うちの母(妹)も待っている

苦しくなくて、明るく楽しい世界に行けるのを喜んであげなくては・・・

そんな風に思います。

 

大切な人が亡くなる度に、自然と死ぬのが少しずつ怖くなくなります。

同時に、精一杯長生きしたいと感じます。生きていることの尊さを感じます。

 

一族の皆さん、大切な人がいて、何かしてあげたいと感じたら・・・

迷わず、精一杯、行動しましょう。相手が喜ぶことなら何だっていい。

親や、兄弟、祖父母、恋人、自分の子ども・・・

土曜日だけど朝から学校へ・・・午前中は寒かったねえ。

展覧会の準備や構想、提案用プリントの作成に追われました。

ハロゲン.jpg

さすがのオリバーもハロゲン・ヒーター出しちゃった。学校さむっ!

 

しかし、午後は力仕事!6年生のために『極厚段ボール100枚切り!!』

汗ダクダクでTシャツ1枚で働きました。4時にその他の仕事も合わせて終了。

 

帰宅したらすぐ両国の伯母の病院へ・・・

1週間ぶりでしたが、だいぶ弱っていてお話はほとんどできませんでした。

 

忙しい1日で心も擦り切れますが、一筋の光明も!

昨晩ブログで書いたらなんと!!釣りの師匠からメールが!!嬉しいねえ。

結局、来週末に釣りに同行できることになり心に元気がわきました。

人に力を与えられる人はそうそういません、教師にこそ求められる資質でしょう。

さすが師匠は釣りだけでなく、一流の先生でもあります。納得。

体重が3カ月停滞していて・・・やっと減り始めました。

今は、水分量を調節しているので96キロまで下がっていますが、

本当は98キロくらいでしょうか。それでも長かった99キロの壁を破りかけています。

 

問題は週末。往復10キロのウォーキングも無ければ、食事の制限もない。

ズルズルと気持ちがゆるみ、美味しいものを口に運んでしまう・・・

恐るべし食欲の深さ・・・恐るべしオリバーの煩悩

 

そうだ!!食べることを忘れるくらいのことをすればいいんだ!!

もちろん釣りです・・・しかし、この週末は台風・・・ガクッ

イトウ.jpg

この写真はチームNEARの「J」が釣りあげた幻の魚「イトウ」

悔しいなあ・・・オリバーも一度釣ってみたかったのに、先を越されました。

コバルトマスを釣った時のようなあの感動・・・イトウで味わいたいなあ。

11月3日・・・行けるといいなあ・・・師匠と行けたらなお良いのになあ・・・

最近いたずらっ子たちが図工室によく来る。工作をやりに!

何を作っているかというと・・・弓矢。的に当てて喜んでいるのだ。

確かに危ないが、ゴーグルをつけさせてルールを決めてやらせていた。

 

そこにオリバーも参加、作ったのはボウガン・・・ちょっと反則??

ボウガン.jpg

ボウガンは正確に飛ぶし、カッコイイ!!すると・・・

すごいことに、何人も真似してボウガン作りを始めたではないか!!

しかも、なかなかの出来!

そして今日の放課後はボウガン大会。もちろんオリバー優勝。

そこは絶対にゆずれないが、みんな健闘した。緊張していてかわいかった。

 

休み時間や、放課後に許す限りで開放的であり、いつでも工作の出来る・・・

楽しい図工室でありたい。小学校時代にお世話になった図工室のように。

そんな図工室を知っているから図工の先生も一つの夢になったのだから。

 

オリバーが優勝したので弓矢は今日で強制終了!!

いたずらっ子たち・・・次は何を始めるものやら。・・・楽しみ、たのしみ。

くつした.jpg

扇風機をまだ使っています。デブは暑がりなんです。

風呂上がりには窓を開けてしばらくあたっています。

99キロの壁の厚いこと厚いこと・・・でも今までのようには諦めませんがね!

 

しかし、意外や意外、オリバーは寝る時には足が冷えるのが苦手。

つま先が冷えているといつまででも目が冴えてしまい、寝付けない。

そこで靴下。寝る直前に履いて布団にもぐりこむ。

足先が温まってきたら麻酔のように作用して・・・1.2.3・・・グゥ・・・ZZZ

 

急に冷えてきましたね。今晩も靴下はいてグッスリ寝ます。

今日は珍しく嫁さんが飲み会で遅い日でした。(年に1回か2回)

そういう時は外食、「山田うどん」と決まっている我が家ですが・・・

なんと今日は菜月が夕飯を作るといってハッシュドビーフとサラダを作った。

料理.jpg

ウマイ!!娘の手料理最高!!感動!!・・・「やっぱりな」と思う。

料理を作る人は食べる人を考え、食べる人は作ってくれた人を考える。

その両者の間に思いやりや、愛情があれば・・・本当においしい。

食べるということが栄養の摂取という営みだけではなく、幸せをも生むものなんだ。

 

だからオリバー一族には必ず言っていることだけれども、TVを見ながら食べて

何を食べたか、どんな味だったかわからないなんて・・・言語道断!

味わって、話をして、幸せを感じながら食事をする家族の時間がいかに大切か。

 

忙しいお母さんが増えたので、なかなか大変だけれども、週の半分以上は

幸せな手料理を食べてほしいなあ・・・育ち盛りの子どもには。

オリバーの少年時代、出前や外食は月に1回も無いくらいだったなあ。

 

菜月もこの調子でいいお母さんになってくれ。すばらしい母親を見習って。

中学校時代はオリバーの思い出の黄金時代でもあり、

大切な人(友達、先生、親友など)との出会いがいくつもあった時代でした。

 

昨日の同窓会で悲しい知らせもありました。

2人も女の子が他界していました。一人は癌、一人は心臓病とか。

40歳を超える女性陣の話題は「定期健診」でした。

 

会社勤めをしている人は毎年健診がある。

でも主婦は、パートタイマーは・・・そんなものはない。

40歳で市から健診の勧めが来るそうだけど、子育て真っ最中の主婦は

特に気になる所がないと健診なんか行かないそうなのだ。

4人の子どもを残して癌になる・・・その苦しみを考えると、胸がつぶれそうだった。

 

ここに来てもいいはずの人が、もう二度と会えない人になっている。

それは本当に悲しいことでした。

逆に、今日会えたのは良かったね、来て良かったね。そうも感じました。

 

オリバー一族でも各年代で同窓会が開かれる時があります。

誰かが声をかけてそれは開催されます。

引っ越しても、結婚してもオリバーか、誰か友達とのつながりがあれば、

連絡はきっと行きます。

ぜひ、つながりを切らないで、連絡を下さいね。みなさん。

昨日は忙しかった・・・ハトバスツアーの帰りはそのまま故郷の八王子へ。

中学校時代の仲間と同窓会だった。ポケットには卒業アルバム写真のコピー!

 

一番乗りして集まってくる友達を迎える形になったが、

10年ぶりの奴もいれば、卒業以来25年ぶりなんて女の子もいる。

「あーーー!!!玉ちゃんだーーー!!!」入って来る懐かしい顔は

みんなそう叫んでくれる。(そんなに有名人だったかなあ??)

 

玉ちゃん・・・この愛称は忘れにくい良い愛称だなあ。そう感じた。

お互い本名は言えないところが面白いが、こちらもほとんど思い出せた。

 

どうしても駄目な人も5、6人いて・・・やっぱり静かな女の子。

アンチョコのコピーが大活躍!しかし、ほどなくみんなにばれて、

机の上を飛ぶようにコピーが行ったり来たり。

 

さすが先生!用意がいいね!・・・えっ!?玉ちゃん先生なの??

先生になりたいって言ってたじゃん!・・・本当になったんだ!すごい!

こいつが先生なんて世も末だね!・・・うるさいぞ!・・・合ってるよ玉ちゃん!

 

みんなの声、表情、会話のテンポ、話す内容、立場の微妙な上下まで・・・

なんで同窓会では、その時代の顔にさっと戻ることができるのでしょうね。

なんて言うか、魂までその時代に戻って同窓会を楽しんでいるような・・・

この時代があって、今の自分がいて、この仲間がオレの故郷で・・・

 

オリバーが担任したクラスのみんなにとって、「オリバー一族」という活動が

そんな魂の故郷、心の故郷として存在し続けてくれたらなあ・・・

飲めないお酒をかっこつけて飲んで、ほろ酔いのオリバー。

終電に乗りながらそんなことを考えました。

東京には空がない・・・ちえこ

土曜日はハトバスツアーに参加しながら、高村智恵子に同感しきりだった。

ハトバス.jpg

職場の旅行で初めて乗ったハトバス。集合場所は東京駅。

少し早目に着いたオリバーは・・・10分間は空探しでした。

視界いっぱいに迫りくる高層ビル、建築中の工事現場・・・なんとも空が狭い。

 

ツアー中もバスガイドさんが「今日は青空の中、景色がよく見えますね。」

なんて言っても、「青空なんか・・・ビルしか見えないじゃないか・・・」と思いました。

 

電車の窓から多摩の山々が見えなくなっただけで情緒不安定なオリバーには

空の代わりのビルと排気ガス、ウジャウジャいる人ゴミは耐えられないものでした。

高尾山育ちの山猿には都会生活はもちろん、通勤さえ絶対無理な東京砂漠でした。

 

その真っ只中に毎日通勤し、活躍している人たちがこの日本を支えているのも確か。

・・・ビジネスマン!オリバーの長兄もその一人だ。

その長兄のブログの題も・・・東京には空がないでした。

カズに壊された大切な鉛筆削り・・・根性で直しました!

大怪我でした・・・外側のボディが割れただけではなく、内側も!

そして、回転軸はゆがみ、コードの一本は外れていました。

分解してゆがみをとり、ハンダでコードを接着、アロンアルファでボディを接着!

 

ドキドキしながらコンセントを入れて鉛筆を突っ込むと!!

ちゃんと回転し、削り、ちょうど良いところでストップ!!!完璧です。

奇跡の生還、手術は成功、元気回復です。

 

孫に使わせたい・・・その夢をかなえるべく、今後は学校で保管。

私が使いながら夢の実現を後10数年待ちたいと思います。

直った.jpg

本当に大切なものは、絶対人に貸してはいけない。

人の手に渡したら・・・壊れても、なくされても文句は言えない。

言っても取り返しがつかない・・・ということ。

 

オリバーが小学校入学の時に買ってもらった電動鉛筆削り機。

当時は珍しかったし、6歳の頃からずっと大切にしてきた。宝物だ。

引っ越しを3回したが、ずっと持ち続けてきた数少ない一品だ。

大切にしているうちに、子どもに使わせたい、そして孫と鉛筆を削りたい・・・

そんな夢がいつの間にかできていた。それが!!だ・・・

電動.jpg

・・・落として壊された、勝手に使ってた居候の大学生カズに。

 

本当に大切なものは・・・離しちゃいけなかったんだ。自分の手から。

もう元には戻らない。壊した奴は謝ってすぐ・・・笑っていた。

病院.jpg

今日も伯母の病院へお見舞いに行ってきました。

先週の木曜日に行ってきた時は、伯母は抗癌治療が始まり熱も出て、

本当に苦しそうでしたが、今日はだいぶ落ち着いていました。

 

24時間ほとんど身動きできずにベットの上にいると、

時間も日付もわからなくなり、頭が混乱するそうです。

24時間が大変退屈な時間の連続で、かたい箱の中にいるようなのだそうです。

 

そうだよなあ・・・今週は研究発表もありお見舞いは行けるかどうか・・・

退屈しのぎ・・・笑顔が出るもの・・・毎日楽しみ・・・生きがい・・・そうか!!

絵葉書(絵手紙)を送ろう!!楽しいやつ、クイズなんかつけて!!

毎日送ろう!!これなかなかの名案!!

図工の先生の本領発揮だ!!??

おんぶバッタ.jpg

おんぶバッタは上の小さいほうがオス・・・これは有名ですね。

この時期に卵を産む昆虫はメスの方が大きくてたくましい、カマキリなんかもね。

 

我が家では「体格」では私の方が倍以上大きくてバッタの逆ですが・・・

真に家の土台・基礎となっているのはやっぱり嫁さんの方でしょうか。

毎日手作りの美味しいご飯(子どもの弁当も)こそ家庭の礎。

私なんか乗せて頂いて、高い所に祭り上げて頂き・・・

好きなことをわめいているだけかもしれません。はい。

 

登校(出勤)途中に、「ほらいたよ!」なーんて良く虫を見せてくれる少年。

私に息子が授かっていたら・・・学校では問題児でもいいから!?

虫を捕まえる名人に育てたかったなあ。

ちなみに長女の菜月は、私と同じくらい動物・昆虫使いですが・・・

金曜日の深夜から日曜日の深夜まで丸まる2日間で滋賀県に行ってきた。

片道約500キロ、ちょうど1000キロの旅でした。

今年の夏、お盆に初めて比叡山に行った時に気になったことがあり

それを確かめたり、新しい発見に行ってきたりしました。

 

最近、パワースポット巡りなるものが流行しているそうだが・・・

それとほとんど変わりません。

病気の親戚縁者の平癒をお願いしてきたのも大切な目的でしたが。

 

さて、滋賀県は歴史からも古くて由緒ある寺社仏閣が大変多い所です。

しかも、京都ほど観光化していないので、土地の人が守ってきた・・・

そんな素朴だけれど味わい深いところがたくさんあります。

 

今回通りがかってちょっと寄り道したお寺がとてもよかった。

     

長命寺,.jpg

長命寺です。

 

今日は出張があって、そのあとすぐに両国にある病院へ行った。

この10年間、母代りになってくれていた伯母が癌になって入院したのだ。

火曜日にも行ったが、今日も行った、ずっと心待ちにしてくれているから。

 

「あー、玉ちゃんが来てくれたぁ・・・」こんなに私の登場を喜んでくれる人はいない。

 

その病院の横には高校があって、遅くまで部活に励んでいる。

生徒たちは元気があふれていて、大きな声で掛け声をかけ、走り回っている。

これから体ができていく・・・そんな一番素晴らしい時代だ。

 

伯母は、ベットから起き上がるのもやっとで、走ることはもうないだろう。

声だって聞きとるのがやっとの大きさだ・・・息が苦しそうだった。

ちょうどその真ん中の時代に自分がいるんだなあ。

 

病室の窓からは建設中のスカイツリーが見える!まさに未来の象徴だ。

待合室の窓の景色の奥の方には・・・東京タワー、古き良き時代。

味わいがあるけれど、以前よりずっと小さく、なんだか悲しく見える。

そんな風に見えたのは、やっぱり病院からだったからなのかなあ。

先生だから・・・そんなことはしてはいけない!社会のルールを守る。

父だから・・・みっともないことはしない!自分の物だけでない命を大切にする。

いずれにしても自分自身が判断するのではなく、私の「立場」がブレーキでした。

私は自分の行動を、この2つでどれだけブレーキをかけてきたことか。

例えば・・・

通路.jpg

駅の近くの地下通路は自転車も降りなくてはいけません、安全のために。

でも、ほとんどの人は先を急ぐか面倒で自転車に乗ったまま通行しています。

私は・・・躊躇なく降りました。当たり前のようにテクテク歩きました。

 

しかし、私の職業が先生でなかったら・・・わたしは間違いなく乗ったままでしょう。

本来そんな粗暴な性格です。善より悪にながされやすい弱さがあります。

 

父でなければ・・・くだらないことで腹を立て喧嘩もしていたことでしょう。

特に運転中は昔はひどかった。自分が正しいと確証があればやくざまがいの言動です。

寿司屋の出前の車をけっとばしたり、バイクで車に嫌がらせをしたり・・・

 

今は、車の運転でも人に嫌がらせや危ない行為は一切しません。

もちろん社会のルールを守り、尊重しています。

先生だから、父だから、このブレーキが私を育ててくれた約20年間でした。

今ではなんなく、常識の範囲で生活でき行動できます。(当たり前のことですが。)

ブレーキを私に取り付けて、上手にさりげなく使い方を教えてくれたのは妻です。

そのおかげで、随分まともになりました。「立場」「妻」「娘たち」が私を変えてくれました。

 

いま、40を越えて、人間的にもっと深い人物になりたいと勉強中です。

読書もします、考えることも反省もします、剣道で鍛えています。

『毎年大晦日、一年前の自分を笑えるように成長する。』今の目標です。

甲手.jpg

今三度の飯よりも・・・いや、三度の飯の次にハマっているのが剣道だ。

段をとりたいとか、勝ちたいとか、そういう欲を捨てることができて、

「美しく、正しい剣道を目指す。」という境地に立てたからこそのハマり方だ。

 

靴や洋服はほとんど買い替えないくせに、超高級な甲手を買ってしまった!

オリバーは道具には目がない。釣りの道具然り、大工道具然り・・・

剣道の道具なら、今は尚更のことだ。師匠から勧められて嬉しかったし。

 

職人が一針一針手差しした、本物の甲手!・・・ウン万円!!

自分の小遣いと、母親からのお金一部と、大切な人から頂いたお金の一部を

わざと合わせて買った。(自分の小遣いだけでも買えたんだよ、ほんと)

そうすることでこの甲手の価値がグンと上がるし、大切なものになる。

この甲手で剣道に精進し、上達し、一生使っていこうと思えるからだ。

少なからず道具に価値を持たせて、それを意識して使おう!っていうのは

男の考え方なのかなあ・・・値段以上に満足する一品を手に入れました。

 

今は家で素振り用に使って、手の内の型作りだ。

いつデビューさせるか・・・大安の日かなぁ・・・ワクワク

『千葉にある悪いねずみの公園』に今日行かされた・・・もちろん行きたくなかったのに。

風月が午前中そこで吹奏楽部として演奏して、それを迎えに行くためだ。

そこに出演できるのはなかなかすごい事らしい、が、仕事で演奏は見られなかった。

 

さてさて・・・知る人ぞ知る、オリバーは『千葉ねずみ公園』が大嫌いだ!!

駐車場が2000円!??!何それ。そのくせ入口までやたら歩かされる・・・

シャトルバスぐらい出せってんだい!人が多すぎる!人に酔ってしまう。

職員の対応が気持ち悪い・・・いい歳したおっさんが気持ち悪い猫なで声だ。

8割は列に並ぶ時間だ・・・何しに来たんだ??食べ物が高い!!

要するに、強欲ねずみ公園では金が魔法にかけられたように飛んでいく・・・

そうだ、ねずみの正体は魔法使いだそうだ・・・やっぱり。

癒しの空間や、夢の世界なんかじゃない!ウソ物の塗り重ね、詐欺の世界だ。

お城だって、ホテルだって、表面だけそんな感じに見せている偽物だ。

ねずみ園.jpg

夜な夜なもうけを勘定しているようなねずみに、みんなダマサレ続けている。

小学生にそんな話をするとみんな「やめて~」と叫ぶ。

下手するとその夜の家族会議で、『そんなこと言う先生は悪い先生だ。』と

決定されて、翌日厳しく報告が入ったりする。

 

しかし、やり場のない怒りが吹き飛んだ。何年かぶりに『キャプテンEO』を観た!!

マイケルジャクソンだ!!感動した、涙がボロボロ出そうだった。かっこ良かった!!

マイケル最高!!イライラしていた気持ちが吹き飛んだ!!あぁー、行って良かった。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

このアーカイブについて

このページには、2010年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年9月です。

次のアーカイブは2010年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。