2010年12月アーカイブ

昨日から一泊で伊香保温泉に行ってきました。

普段、外にもあまり出ないで留守番ばかりさせている妻の慰労です。

高崎観音や少林山達磨寺、水沢観音などへもお参り・・・妻の希望。

伊香保の石段街では下の方にある射的と大弓の店へ!

大弓.jpg

大弓といえば、弓道部・菜月の腕の見せどころ!

1射目からなんと的中!!カッコイイー!!

娘の成長は嬉しいものですね。親バカでした。

 

温泉につかってお料理を食べて・・・贅沢贅沢。

体重も正直で増加してきました・・・これはヤバい。

 

さて、いよいよ大晦日ですね。よいお年をお迎え下さい。

また来年、新しい年にお会いしましょう。

今日はⅠ期生の同窓会だった。なんと卒業して17年も経っているのに

16名も集まった。みんなは29歳、社会人としての人生を重ねてきた顔だ。

Ⅰ期生.jpg

店に入ってきた時は29歳の顔なんだけれど・・・数分話していると

みるみる小学生の頃の雰囲気が顔いっぱいにひろがる。

同時にオリバーの頭の中にはその人と過ごした思い出のシーンが

いくつもいくつもよみがえってきて幸せな気分に溺れそうになる。

 

きっとオリバーが思い出すのは楽しかったシーン、出来事ばかりなんだ。

でも・・・みんなは違うだろう、むしろ怒られたシーンなのかもしれない。

「勉強の記憶がない。」・・・そう言われた時は、みんなに謝りたい気分だった。

 

22歳のオリバー・・・教師1年目の教え子たち。Ⅰ期生。

教師としての経験ゼロ、人生の深みなし、指導力問題あり。

あるのは若さと、傲慢さ、根拠のない自信だけだったのかもしれない。

ごめんなさい、みんな。ほんとうに、ごめんなさい。

あの場所で謝れなかったので・・・

 

幹事の安ちゃん、本当にご苦労様でした。

同じく本ちゃん、君のおかげだよ、みんなの笑顔が集まれたね。

次回は35歳の同窓会に決まりました。

今日、これなかった人も含めてまた元気に集まりましょう。

 

君たちが小学校卒業を迎えた当時思ったこと、

そして学級通信の最後に書いた言葉、

『私がみんなを育てた日々だったのではない。

みんなに先生として育ててもらったことの方がずっと多い2年間。』

その時間があって、今の自分がいるんだ・・・本当に感謝しています。

そして、そんなオリバーでも一緒に囲んで同窓会を開いてくれてありがとう。

こんな幸せな先生は少ないと思う。2010年、よいしめくくりになりました。

大当たり.jpg

大当たりー!!!めずらしいこともあるもんだ!

懸賞なんか当たったことがないのに「どうせだめでも・・・」と送ったら

大相撲1月場所観覧券2名様分1万円相当が大当たりー!!

 

先月亡くなった伯母の「両国の病院にお見舞いに行くなら・・・」ついでにと

応募したので、お見舞いという本命が無くなり「ついで」だけが残った感じです。

ちょっとさみしいけれど、これはきっと伯母からのクリスマスプレゼントだ!

勝手に勘違いして大喜びしようと思います。おばちゃんありがとう。

伯母が亡くなった病院は両国国技館の目の前だから、手を合わせてこよう。

 

この調子で年末ジャンボもあたるといいなあぁ・・・そうはいかないか。

社会人の一族の皆さん、お仕事お疲れ様でした。

年末はのんびりして良いお年をお迎えくださいな。では。

本日仕事納め。

我が家の大掃除も終わり、剣道の納め会も終わり・・・

今年のいろいろなことが節目を迎えます。

 

節目といえば竹ですが、あの節目があるからこそ!

強く高く成長することができるのです。

竹で作った「竹刀」も同じです。

しっかりした節目の竹刀は硬く折れにくいものです。

 

四季がある日本の文化では古来節目がしっかりしていて、

一年、一月、一日の節目を大切に生きている民族でした。

それは生きていることに意識を持って時間を大切にするということだと思います。

しっかりした心持で年末を過ごし、新年を祝いたいですね。

メリーX'mas!!みなさん幸せな夜を過ごしていますか??

恋人と過ごせたら最高だね。友人とも楽しいね。

家族とだったら幸せだね。でも一人のひと・・・悲しむなかれ。

今日のオリバーは、なんと剣道の稽古でした!

面.JPG

しかし、オリバーにとっては最高のプレゼントが!

師匠である八段の先生がつきっきりで指導して下さいました。

これはサンタのプレゼントに間違いありません。贅沢な時間でした。

 

恋人や家族と過ごせなかったけれど、自分の納得いく時間を過ごすこと。

これも大切だよね。 

2学期が今日で終わりました。

納得のいく2学期を過ごせましたが、完璧ではありませんでした。

まだまだ教師としても進化できる!剣道と同じです。

 

来年も進化、進歩しますよオリバーは!

若いみんなよ、オリバーに負けるな。

メリークリスマス!!

モンゴルで買ってきた革のベルト。

体重最大期には着けることができませんでした。

しかし、今はその逆でユルユルになってしまいました。

そこで、3センチほど切りました。

ベルト.jpg

うれしかったなあ。でも目標のベルト皮があって、

それはまだ着けることができません・・・うーん

目標がある方が頑張れるってもんだね。

 

この冬休みが危ない。5キロくらい太るのは簡単なんだ。

リバウンドは一瞬です。どうやって乗り切るのか?

対策検討中です・・・うーん

柿の葉寿司.jpg

「ヤマト」の「柿の葉ずし」・・・飛鳥村で出会った絶品。

我が家ではなぜか12月になると食べたくなって毎年お取り寄せ。

 

旅に出ると、人情や風景、歴史やお土産、風土や匂い、色・・・

様々なものが記憶にとどまり思い出になります。

食いしん坊は旅先で出会った味覚も強烈に記憶に残るものです。

 

大好きな蘇我入鹿の故郷=飛鳥村、甘樫の丘。

その土地で家族四人で食べた柿の葉ずし・・・忘れられない味。

食べる度に、「またあの時、あの場所に戻りたい・・・」

しかし、絶対に戻ることなんてできない・・・それが分かっているから

どんな幸せな思い出も、思い出すとちょっとさみしくなるのかぁ。

人間の脳の不思議だね。

 

オリバー一族のみんなと重ねてきた時間と記憶・・・

たくさんの楽しい思い出も、たくさんの失敗や後悔も

はっきりと、そして、ちょっとさみしく残っているのです。

一族の記憶のさみしさは・・・

もう少し優しくできたのに・・・という自分の指導の厳しさへの

後悔が大きいからかもしれません。

サーモン・ピンク.jpg

サーモンピンクの鱒の半身きれいでしょ!?

これは小菅トラウトガーデンで娘が釣った脂ののったレインボーです。

土曜日はどうしても釣りに行きたいという妻の父親を小菅に連れて行くことになりました。

・・・すると、ばあちゃんも行くといい、我が家の娘たちも行くことになり、結局・・・

全員で行くことになりました。正直、気が重くなりました。大変だぞ、これは・・・

 

それでも、釣り場に着くとみんな楽しそうに釣っています。

魚がかかるたびに笑顔があふれます。(妻は「網」担当で大変でしたが。)

 

満足の釣りの後は、王道「小菅の湯」で温まりました。ばあちゃんも大喜び。

奥多摩湖を眺めながら「のんきや」で手打ちラーメンをすすって、

帰り道にふかしたてホッカホカの「へそまんじゅう」を食べました。

 

一人で行く釣りも楽しいけれど、師匠と行く釣りはもっと楽しい。

釣りをゆっくりはできないけれど、家族で行く釣りも・・・なかなか良かった。

夕飯にサーモンピンクの鱒の塩焼きを食べながら、今日一日を納得。

12日(土)剣道八段 波多野先生 と、剣道六段 石渡先生にお供して

群馬県の「城跡巡り」をしてきました。

剣道を極めた先生方のお話は何から何まで勉強になります。

緊張しながらの運転は極端に疲労しましたが、ためになりました。

 

また、その土地の歴史や風土から現代に至るまで思いを巡らせることは

なかなか風流な時間でした。はまりました。

特に、箕輪城跡でのタイムスリップをしたかのような感覚は不思議でした。

蝋梅.jpg

群馬県には先生のお弟子さんがたくさんいて、訪ねるところ訪ねるところ

歓待に次ぐ歓待で・・・あらためて師匠の凄さに感動しました。

剣道はもちろんのこと、人柄の大きさの賜です。

 

いただいた蝋梅の枝一振り、椿のつぼみ一振り・・・温かい我が家では

すぐに咲いてしまいました。甘い香りと鮮やかな色。

戦国も武将も眺めて正月を迎えたのかなあ・・・

今日は6年生の社会科見学の引率。科学技術館と国会議事堂。

科学技術館.jpg

科学技術館の見学は久しぶりでした。

学生の頃にも来たことがあり、「教員採用試験特別講座」でした。

『先生になりたい!!』

そんな強い思いを持ってこの科学技術館のホールで勉強しました。

 

今は教師として子どもたちと来館できることは本当に幸せなんだなあ、と

つくづく感じながらの見学でした。夢が叶っているんだなぁ。

 

自分の人生のいろいろな場面を思い起こし、その時があるから今がある・・・

そう思える人はきっと充実した人生を送れるだろうなあ、と感じます。

失敗も成功も、苦労も・・・必ず未来につながっている・・・そう思えば

人生の瞬間瞬間が大切になるし希望を持って過ごせるのでは。

ちょっと楽天家すぎる発言かもしれませんが、オリバーはそう思う。

リンゴ.jpg

群馬の蜜入りの美味しいリンゴを頂きました。

30代前半は、包丁なしでもへたのある上の方に両手の親指をかけて

左右に開くように力を込めると・・・バリッ!!という音とともに

リンゴが真っ二つに見事に裂けたものです。

さらに二つずつに割って4人で食べました。

オリバー6期生から9期生くらいの人たちは見たことあるかもね。

 

よぉーし・・・久しぶりに挑戦だ!!とばかりに力を込めましたが

1日目は割れませんでした。衰えたのかな・・・ショック。

 

しかし、コツを思い出し、2日目からは心地よく割れるようになりました。

8割力ですが・・・実は残りの2割のコツが大切なんです。

親指の爪を立てず、指の腹を密着させて左右に開くんです。

 

どうですか、皆さんも挑戦してみてください。

便利だし、できたらちょっとカッコイイかもよ。

昨日の晩は剣道もあり、体は1週間の疲れでクタクタのはずなのに・・・

今朝は3時半に目覚ましより早く目が覚めました。

楽しいことに対する「準備の時」の体内時計は正確です。

「楽しいことをしている時」は、時間もあっというまに過ぎますよね。

釣りをしていた5時間はいつもの1時間分ほどにしか感じませんでした。

体内時計も、腹時計もメチャクチャになっています。軽い時差ボケ状態。

ヤッター.jpg

それで・・・この笑顔。見て!なかなか出ないよ、満足があふれてるよね。

 

図工の時間、子どもたちは『えー、もうこんな時間??』と叫んでくれます。

90分の授業が楽しくて仕方ないからあっという間に過ぎる。

そう感じてほしいし、そうなるように工夫しているのだけれど、

実際に叫んでくれる子どもが多くて嬉しい限りです。

 

子どもたちの体内時計を狂わせるような楽しい授業を!

自分の体内時計が壊れるような釣りの時間を!!

そんな人生を、これからもたくさん過ごしていきたいですね。

行ってきました!トラウトガーデン。

釣りに釣れて午前中だけで大満足。釣れた数も多いけど・・・

鮭?.jpg

じゃーん!60cmオーバーの超スーパーレインボー!!

長さといい、胴周りの太さといい、超ビックサイズ!自己新記録。

下に映っている大イワナがメダカみたいだなぁ・・・わっはっは

 

視界に大きな影が入ったと思ったら、パクリと針を飲んだ・・・

「うぅわぁっ!」思わず叫んでしまった。それからがバトル!!

糸を切られないように、竿を折られないようにと必死です。

針を外そうと頭を振りまくる大鱒との戦いは心臓バクバク。

最後は網に入ったところで竿を捨て、両手で持ち上げて陸へ・・・

 

グッタリするくらいの戦いを終えて心は満足、満足。来て良かった。

今日はお客さんがいるので、みんなをビックリさせました。

そして美味しく頂きます。さばいても鮭のようでした。

どうもおかしい・・・鼻の具合が。

鼻水が出るのでティッシュを多用する。

ティッシュ.jpg

ティッシュは嫁さんこだわりの高級品!?

確かに柔らかいけれど。オリバー的にはこれでなくてもいい。

人にはそれぞれこだわりがあって、種類も程度もいろいろですね。

 

さて、どうしたものか・・・この鼻のアレルギー。

きっと都会の悪い空気のせいに違いない。公害だ公害。

または仕事のストレスだ。怒鳴りたいのを我慢しているせいだ!?

 

だから・・・『明日は早朝から釣りに行くしかない、仕方ないことだが。』

と、家族に高らかに宣言して、明日はすべての予定を顧みず、釣りに行こう。

仕事もあるけれど、釣りに行こう、仕方ない。休みなんだし。

娘の授業参観だけど、釣りに行こう。健康のために。仕方ない。

 

仕方がないなあ・・・

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

このアーカイブについて

このページには、2010年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年11月です。

次のアーカイブは2011年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。