2012年2月アーカイブ

2月29日・・・閏日は大雪でしたね。
学校の校庭では元気な子どもたちが雪遊びに興じていました(嬉)

さて、3月になります。春キャンの申し込みです!!
今回の春キャンは・・・3月31日(土)~4月1日(日)

①いつものキャンプ場です。
②集合は夕方5時です。
③費用は泊まりの人3000円
 夜中の12時イベント前に帰る人2000円
 (この2パターンのみ受け付け。全員夕飯付きです。)
④温泉に入る人は800円かかりますよ。
 (交通費・小遣い合わせて6000円くらいが妥当でしょう。)
⑤解散は8時頃の予定です。
⑥持ち物では、寝袋必携です!必ず持参して下さい。
⑦夜中12時のイベントはもちろんあります。
⑧中・高生は、必ず友だちと行動すること。
 (一人で来ることは認めません。家族送迎はもちろんOK!)

以上です。
後はいつものキャンプどおりです。

≪参加申し込み!≫
イベント情報から申し込みをして下さい。
3月25日(日)まで受け付けます。
それでは皆さんに会えることを心より楽しみにしています。
今日は2月20日、妻の誕生日、大安吉日、月曜日!
月曜日だけれど、土曜授業参観の振り替え休日なので仕事休み!
なんとタイミングがいいのでしょう・・・!?

昨年末に秩父三十四観音霊場巡りを「結願」(終了)したため、
妻の野望は坂東三十三観音霊場巡りへと向いたわけです(笑)
その後は関西三十三観音霊場巡りに至り、百観音制覇になる!!??

それにしても日が良く、タイミングも良かったので私は素直に車夫を務めます。
坂東三十三観音霊場巡りの「発願」(一番さん)は鎌倉の杉本寺
杉本寺.jpg
石段の上には一番さんにふさわしい古刹がありました。
坂東観音巡り専用の御朱印帳を購入し、いざスタート!!

本日は鎌倉から小田原、最後は座間までの八寺を巡りました。
渋滞に阻まれ、イライラしながら何とか巡った珍道中ですが、
知らない土地、知らないお寺さん、知らないお店、そして
知らない人々に出会いました。

妻のおかげで、夫婦の面白い趣味がまた始まりました。
妻は趣味なんて思っていません、ちゃんと写経もして願をかけます。
何を祈っているのかなぁ・・・
私は観音様には「妻の健康」を祈ることに決めています。

月曜日なので、ちゃんと剣道もさぼらずに参加。
家に帰ると、娘が夕飯を作ってご馳走してくれました。
最高のプレゼントに妻は大喜びです。本当においしかった。
ずいぶんと手前みそのブログになりましたが、お許しを。
栗コーダー.jpg
ゆるいおじさん4人組の「栗コーダーカルテット」を知っていますか?
「ピタゴラスイッチ」や「ダースベーダーのテーマ」をリコーダーで演奏。
のんきな感じ、気がぬけたような脱力感・・・なカルテットです。
オリバーは、この音楽が大好きで、学校の映像編集でもBGMに多用します。
そうすると、映像も優しく温かくなります。不思議ですね。

今日は八王子でコンサートがあり家族みんなで行ってきました。
心の中では・・・生演奏でガッカリする音楽もあるので心配でした。
開場前から並んだ結果、一番前列の座席に座ることができました。

準備万端、そして演奏は・・・とっても良かった!!
考えてみれば、ちょっとしたミスもご愛敬、むしろ歓迎!?ムード。
トークも洗練されていないところがいい。落ち着く。益々ファンになりました。

単純に「いいなぁ、音楽が仕事になって。」と思いましたが、
売れてナンボノ世界は恐ろしい。
しかも、全国公演で自分のベットではほとんど眠れない毎日・・・
新曲や、依頼された曲の制作、レコーディングに営業、公演・・・大変だ。
有名になる、有名でいつづけるためには大きな代償があるのだろう。

・・・と、難しい事はあんまり考えず、CDを2枚買ってきました。
知らない曲ばかりでしたが、なぜか全曲なつかしい曲でした!!??
また移動教室で引率したら、子どもたちの笑顔とあたたかいBGMの
素敵なDVDを作るとしましょう・・・
バレンタイン.jpg
チョコもらえた!?男子諸君・・・
オリバーも義理チョコや、仕事のお礼チョコ、家族チョコ・・・
いただきました。どんなチョコでも、オリバーのこと考えてくれていたんだから・・・
うれしいよね。
「うらみチョコ!!??」なんてのがあったら嫌だけど。

男の子だったら、チョコを貰えた方がやっぱりいいと思う。
貰えるからには、女子に好かれる良い要素があるからだよね。
「ちょうだいちょうだい」と言ってもらうのではなくて、
「素敵だからあげたいなぁ」と思わせる男性になることはいいことだ。
それに向かって努力するのも、女にこびへつらうというのではなくて、
男を磨くという意味で必要なんじゃないかなぁ・・・

なにせ、草食系男子には大反対だし、理解できない。
牙を磨いて、体を鍛え、心を充実させて・・・だ!!!

手作りチョコだが・・・上手だねぇ、美味しかった。
ちょっとオリバーマークっぽいのもカワイイね。
今年もらえなかった男子!!
1年かけて男をみがくべし。以上。
なんということでしょう!一週間が瞬きするまに過ぎていく・・・
また土曜日!!という感じです。

オリバーの図工の時間は「えっっっもうおしまい!!??」って
みんなが言ってくれます。
これは先生への最高の誉め言葉です。授業への賛辞です。
つまらない授業ほど残り時間を気にした思い出があるはず。
そして早く時間が過ぎないものか・・・と、ため息をつきながら。

好きなことをやっている時や、集中している時ほど時間が速く過ぎる。
でも、大人になると・・・時間が速く過ぎる要素がもう一つ増えます。
『多忙』です。(最近は子どもも多忙か・・・)

忙殺されるというくらい、時間も、人格も、殺されて亡くなっていくようです。
だから忙しいという字は「心が亡くなる」・・・と書くのは有名ですね。
ちなみにオリバーは忙しいのですが、オリバーの仕事で忙殺は絶対にされません。
なぜならば、仕事の内容が楽しくてしょうがないからです。
もしかすると、笑い死ぬ可能性は大いにありますが。

じゃぁ、オリバーはどうして速く時間が過ぎるのかというと・・・
やっぱり好きなことに没頭しているからだと思います。幸せな生き方です。

今日、土曜日もあっという間に過ぎた1日でした。メインは・・・
サクラマス.jpg
釣り!!です。手前3匹丸々太った奴は、なんとっ、サクラマスです!!
オリバーの今日の獲物にして、今日の目標にして、初めて釣り上げた魚。
シルバーサーモンのような銀色の魚体と鱗、白身のきれいな魚肉でした。

本日一晩は「ハーブソルト」をふって一夜干し。旨みの凝縮。
明日の晩ご飯で塩焼きかムニエルにしてもらい鱒!!
ニジマスもたくさん釣れたので、親友の家にゴッソリ届けました。
日曜日は妻と東京下町へ・・・
まず江戸東京博物館で「清盛展」を見てきた。
大河ドラマは見ない主義だが、招待券を頂いたので。

展示の解説を一つ一つ丁寧に読んでいくと、
高校時代に日本史で勉強したことが頭の隅でポツポツ蘇る。
不思議なもので、知っていることばかりだという錯覚に陥る。
嫁さんに偉そうに解説しながら貴重な平家納経などを観た。
嫁さんは感心しながら聴いてくれる、聞き上手だ。

そして、スカイツリーの横を通り、東京タワーへ・・・
東京タワー目の前の増上寺に車を止めると見事な眺め。
東京タワー.jpg
やっぱり昭和生まれのオリバーは、こっちの方が断然カッコいい。
3丁目の夕日シリーズの映画も今回のものは観ていないが、
昭和の考え方、暮らしにジーンとくる。なつかしい。

「やっぱりスカイツリーより、東京タワーだなっ!」と言いながらも、
平成のシンボルはスカイツリーなんだから、一族の子どもたちには
スカイツリーをシンボルとして大切にしてほしいなぁ・・・なんて考えたり。
ちょっとタイムスリップ、楽しい時間でした。
日本では古より、山や自然に神や精霊をみた。
山岳信仰でも最たるものは、やはり富士山だろう。
固定した宗教へのこだわりを持たない日本人の多くの人と同じように
オリバーも、こだわらないが・・・富士山は小さい頃から畏敬の念があった。
だから、人生の節目、分かれ目で6回も登頂しているのだと思う。

今日はとても天気の良い土曜日。遊び日和!
しかし・・・仕事で学校へ朝から9時間缶詰め・・・とはいえ、
図工関係の仕事なので、今日は忙しかったけれど楽しかった。
そしてそれが、平日の授業で子どもと関わるためのゆとりになるし、
放課後に仕事を早く切り上げて剣道に向かう準備にもなるのだから
2週連続だが、仕方がないだろう。

眠気と戦いながら昼寝もせずに頑張って、仕事もひと段落して外を見た。
朝、あんなに白く輝いていた富士山が、夕日に染まっている。
夕富士.jpg
魂の洗濯。この写メの数十倍は大きく見えて、脳に焼きつく美しさ。
富士山が見えるところで生活し、仕事できる幸せ、ほんとに。

今日、来てよかった・・・この景色を見る数分だけでもそう思える。
何もかもが充実しているからこその感動なのだろう。
いろんなことや、いろんな人に感謝する気持ちを一つにして、
富士山に一礼した。

明日は・・・大切な妻との時間。お出かけです。
(釣りにも行きたいけれど・・・体は一つ。)
さて、どこぞへブラリと行きましょうやら・・・

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

このアーカイブについて

このページには、2012年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年1月です。

次のアーカイブは2012年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。