2012年12月アーカイブ

さて、明日の飛行機でいざ出発です。
運よく飛行機はJALのチャーター便。アラスカフェアバンクスへ直行です。
経由地なしなのでロスタイムが極端に少なく、疲れずに済みます。

しかし、最大の心配事がまだあるのです。それは・・・妻の同行。
妻が旅行に行くと、必ず何かあります。例えば・・・
必ず雨!なんてのはいい方で、記録的な大雪・・・それもまだまだ、
いきなり火山が噴火!!なんてのもあったし、
崖の上のバンガローに泊まっていて震度7の大地震!!もありました。

今回は・・・アラスカです。何が起こるのか??
しかし、フェアバンクスの天気は今のところ回復傾向。
雪の予報もなくなり、どうも天気は問題なしのようです。
気温もー9度からー12度程度で、北海道より暖かいくらい!!
どういうことなのか・・・
ならば、太陽活動が活発になり大フレア爆発なんかあったりして!!
そうしたら歴史的なオーロラ出現かもしれません・・・でも、
もしそうなったら、北極圏の送電基地が全滅、停電になります。
完全復旧には3カ月かかるというシュミレーションもあります。
春になるまで帰国できない・・・なんてことにならなければいいのですが。

さあ、とにもかくにも、明日出発!
見えるも八卦、見えぬも八卦、出たとこ勝負の運任せ。
20年来の夢だけど、何があっても良い経験。
思い切り楽しんでくるさ、オリバーらしく。

では、行ってきます。
一族の人には年賀状のお返事に、オーロラ情報が書けるかも?
しれませんね。お楽しみに。元旦帰国です。(紅白は無理だな。)
オーロラを家族で見に行く・・・その最低限の下準備はできた。
しかし、心配事は山ほどある。

第一は、アラスカ・・・フェアバンクスの天気!
いくら天空でオーロラが出現していても曇りや雪では見られない。
最近のオリバーの日課は世界天気予報でフェアバンクスの天気調べ。
1日目・・・曇り△
2日目・・・曇り時々晴れ△ その先はまだ不明。
期待0ではないが、あまり良くない。

もう一つ気がかりは「月」・・・旅行日程中になんと満月!
オーロラは写真や高感度カメラ撮影の動画なら綺麗に見えるが、
実際はとても弱い光がほとんどで、肉眼ではっきり見える方が珍しい。
なのに満月でどうなのか?うーん・・・心配。

まだある。気温!アラスカはー30度の時もある。
しかし予報では、幸か不幸かー18度くらいの予報だ。・・・!?
-18度は十分想像を超える寒さだが・・・-30度よりはいいか。

そして太陽活動。
これも毎日、宇宙天気予報を確認している。
太陽活動や太陽風、太陽磁場の影響などを毎日報じてくれる。
最近は・・・少し活発になってきている。良い兆候。
しかしこれも専門的すぎて、今日の活発な活動が、どれほどして
地球のオーロラに反映されるのか??を知らない。
まぁ、活動が活発な傾向なので、満足するか・・・

まだまだある、食べ物、お土産、荷物・・・
日の出10時~日の入り午後2時って!!??昼間4時間。
行動できるのかなぁ・・・

日本と全く違う環境のアラスカという土地・・・だから面白い。
行く価値がある。TVで見るのと現地の違いの大きさは
モンゴルで心の底から実感した。やはり・・・行かないと、そこに!
だから行くのである。

つづく
高校2年生の時、選択授業で『地学』をとった。
地学はマイナーな教科で人数も少なかったが、
地球と宇宙の授業は興味深く、先生も最高だった。

太陽活動の授業でオーロラの発生要因を学んだ時に、
太陽の活動周期によると自分が42歳頃が最も活発と知った。
「30歳で結婚して、子どもが3人、一番上の子が小6くらいか・・・
 よし、家族みんなでオーロラをみよう。そんな幸せな家族をつくろう。」

42歳の昨年はツアー申し込みまで行ったが、様々な事情で断念。
43歳の今年、いよいよ27日出発を目前にした。
「23歳で結婚、子ども二人、でも、めいっこも連れて行くので3人、
 一番上は18歳!みんなでオーロラを観にいける幸せな家族。」
・・・高校生の夢は大きく実現しているではないか。

数年前からこの旅行の為にずっとオーロラ貯金をしてくれた妻に感謝である。
本当だったら、妻の軽自動車を買い替える資金なのかもしれない。
でも、18歳の夢の実現をいっしょに準備してくれた。
自分には身分不相応の贅沢旅行なのである。感謝感謝。

旅行バックに日本ではほとんど着ない分厚い洋服を
いっぱい詰め込みました・・・
年末の大掃除の時期ですね・・・年賀状も書かなくちゃ・・・
結構忙しいです。でも、それが年末!
これを乗り越えないと新年は訪れてくれません!?

いや、何もしなくても時は流れ、新年はやってくるか・・・

とにもかくにも、我が家の大掃除は全員で!!
が・・・恒例でしたが

中3の娘は会場模擬テスト。
高3の娘はユニセフ募金への協力ボランティア。
妻は役場の選挙担当として早朝から深夜まで仕事。

年はオリバーだけで大掃除です。
水周りもきれいにしたのですが、どうしても掃除できない排水管。
ブラシが届く範囲を越えた所にどうも汚れがたまったようだ。
水の流れが悪い・・・すきっとしないなぁ・・・
新築してから12年、いくらきれいに使っていようとも仕方のないことだ。
そこで・・・専門家を頼んで一気にメンテナンスとなった。
洗面所、台所、風呂場、洗濯機・・・4か所の排水管掃除で8500円。
2時間の作業だったが、その作業隅々まで細かく観察!!

そこでわかった事!!これなら自分でできる!!』
問題はプロが使っている高圧洗浄機だ・・・でも・・・
高圧洗浄機.jpg
これも調べてみると12000円から15000円くらいで買えそうだ。

ふふふっ、今日はきれいにしてもらったけれど、掃除だけではなく、
技術も買わせていただきました。安い買い物だった。
車の掃除や、家の外壁の掃除にも使えそうなので、今度買おう。
そうそう、プールサイドの掃除なんかに学校に持っていったら・・・
ヒーローだろうなぁ!!ひひひひひ。
子どもにひっかけたりしてさ・・・でも、それはさすがにイタイかなぁ??
なんて考えながら・・・大掃除でした。
最近非常に腹が立つことがある・・・怒り心頭に発する!!だ。
何かというと・・・

「迷惑メールが来るのでメルアド変えました!」 や、
「スマホ買いました!」などの連絡メールの一斉送信だ。

スマホ位になると一斉送信の宛先件数も20件くらいは送れる。
しかも・・・その人が登録してある名前も全部出てしまう。
メルアドも「全員に返信」機能を選択すれば簡単にわかるのだ。

個人情報のダダもらしである。

私は携帯のアドレスを人を選んで教えているつもりだった。
それなのにその信用を裏切って、ここ最近一斉送信が続いた。
そのせいだと思うのだが、迷惑メールがガンガン来るようになった。
10年以上1件も来ていなかったのに。

どれほど迷惑かというと、通信費などはどうでもよいのだが、
毎日深夜、1時間おきくらいに迷惑メールが届くのだ。
目覚ましにも使用しているスマホだから、けたたましい音で起こされる。
仕事をしている大人にとって、睡眠時間はどれほど貴重か。
1時間おきに起こされることがどれほど苦痛か・・・迷惑千万。

「迷惑メールが来るから・・・」といって一斉送信してきた人が
迷惑メールをばらまいているのと同じではないか。お前が迷惑だ!
そんな奴にメルアドなんか教えなければ良かった。
一番初めに一斉送信してきた人から迷惑メールは来るようになった。

もちろん、返信メールで、「たいへん迷惑した!」と伝えた。
すると・・・ゴメンなさいも無し、そのメールには無視である。
オリバーは更に「こんな奴に何で教えたんだろう・・・見る目が無かった。」
と後悔しきりである。
「ご迷惑おかけしました、オリバーごめんね。」・・・それだけで、
それだけで、こちらの気も随分楽になるのに・・・


メルアドを変えて、もう一度、教える人を吟味し直すか・・・
しかし、このメルアド、仕事でも使っているし、各種登録の変更は面倒。
個人情報流出、迷惑メール・・・何とかしてほしい、少しは考えてよ・・・
相手のことを。
考えられない人は・・・携帯やスマホ、持つ資格ないんじゃない!?
高3の菜月が受験した・・・大学ではない、専門学校だ。

専門学校と言うと、正直、大学の下・・・という意識がどこかにあった。
娘が専門学校志望と聞いた時「あれ?大学は??」とまず聞いた。
でも、そうでもないこともあるのだなぁ・・・

娘は将来『理学療法士』の国家試験を受けてリハビリの先生になる!
という具体的な夢を持った。理学療法士を薦めたのは他でもない私と妻。
娘の性格、適性、仕事の社会的需要、やりがい、資格・・・
理学療法士いいんじゃない!?を娘は長女らしく素直に、『そうだね!』って
受け入れたのだ。しかし、いかんせん理数系・医学系だ。
ずいぶん頑張ったと思う。

自分で調べて、「大学よりも実習経験の多い専門学校の方が近道で、
大学よりも厳しい環境で3年間で国家試験をとおる!という方が
ダレている自分にはいいと思う!」という、あえて厳しい専門学校の選択。

なら、いいんじゃないか。
ではどこ?・・・私の25年来の無二の親友の妹は理学療法士!!
聞いてみたら、「社医学!!」実績と歴史、教育方針に環境という面で
ココがいいと教えてくれた。

素直な娘、そこを目指して勉強し・・・受験・・・そして
合格通知.jpg
なんと・・・合格してしまった・・・奇跡か?

合格発表の日のいかにドキドキしたことか。
親心をまたひとつ経験した。

私の母はかわいそうだった・・・私が大学を落ちまくったから。
国立大学ダメ、私大の推薦ダメ、すべり止めを含めた私大2校ダメ・・・
何度ドキドキして、そしてガックリしたことか。申し訳なかったなぁ。
(その分、教員採用試験で名誉挽回、母を喜ばせたが。)

菜月の場合は合格が棘の道のスタートだ。
これから3年間、大学生がバイトして、サークルで遊んで飲んで、
キャンパスライフを楽しむ頃・・・必死に勉強だ。

母が私を教員の道に導いてくれた時はきっと
それが私の未来を幸せなものにすると確信していたからだと、
今は・・・はっきりわかります。そして、
その母の思いに素直に乗って、勉強を頑張った大学時代。
その4年間の努力があって・・・今は本当に幸せです。

今度は私が菜月を応援して、理学療法士の道に導こう。
親の責任として子どもの将来の幸せを支援しよう。

菜月の受験のおかげで、自分の親の心をまた一つ実感できました。
菜月と二人で神棚に手を合わせ、母をはじめとする御先祖様に
しっかりお礼を言いました。
もう12年も前になりますが、母が他界しました。
兄弟の末っ子だったのに、一番に亡くなってしまいました。
母は4兄弟で、その長兄、私の伯父にあたる土方のおじさんが他界し
本日お通夜、明日が葬儀です。満90歳でした。

このおじさんがすごい人で戦中は海軍大尉・零戦パイロットでした。
戦後は私学の数学の先生になり、その後、外務省人事課子女教育相談室長として
長い間活躍されました。

土方の親戚はみなさん品格も高ければ抜群の脳ミソの持ち主です。
母もそうでしたが本をよく読み、話題も広く深く、言葉に力があります。
私もそのかけらでも遺伝してほしかったのですが、どうも血が薄いようで・・・
土方のおじさんに会うと、『勉強しなくちゃ!』とやる気を頂ける不思議な方でした。

伯父さんからは生前、木製のパイプとニコンのカメラを頂きました。
もう少し歳を重ねて、静かな家の縁側でパイプをゆるゆるとふかしながら
庭に来たスズメでも写真に撮って、おじさんを想いたいなぁ・・・
なんて考えています。

江戸っ子だった伯父さんのサッパリとした男っぷりを見習わないと。
戦闘303-118 伯父さんの愛機です。
S303-118.jpg
伯父さんを偲んで、お通夜に来たたくさんの方々が写メを撮っていたのが
印象的でした。今頃は身も軽くなり、空を自由に旋回しているだろうと
みんな考えながらのお通夜だったのではないでしょうか。

ちなみに、伯父さんはどんなパイロットだったのか、
「海軍予備学生 零戦空戦記 ある十三期予備学生の太平洋戦争」
土方敏夫 著 があります。光人社より出版されているのでどうぞ。

師範学校から海軍士官、パイロットになり、零戦教官へ、そして沖縄。
ただの戦闘記録ではなくて、青年零戦パイロットの偽りなき記録が
伯父さんらしいさわやかな文で描かれています。
オリバー5期生には、ミキ&カオリというオチャメな女の子コンビがいた。
ハキハキしたミキと、天然のんびりのカオリがいいコンビ。
どちらも何かしらやらかして、よく怒られていた方かもしれない。

もう一つ共通していることは、お母さん方がとても協力して下さったこと。
いろいろお話し下さったり、娘達のことで相談して下さったり、
担任のオリバーを信頼して下さっていたなぁと、感謝の気持ちでいっぱいだ。
他にもそんな保護者がたくさんいたので、オリバーは幸せだった。


そんな二人から『会いたいです!』と連絡が来るようになった。
二人ともお母さんになったのだ!!特にカオリはのんびり屋の本領発揮で、
結婚の報告もなかったのでビックリ!!
久々にのんびりしていた土曜の午後、二人は2世ちゃんを連れて遊びに来た。

ミキとカオリ.jpg
左がミキ、右がカオリ。たしかにお母さんなのだが・・・
小学生の頃のまま・・・そのままという感じの二人の会話に
大笑いしたり、感心したり・・・
娘が孫を見せに来たような雰囲気になって何だか幸せな時間でした。

子育てや、家計、ミキは二人目・・・若いなりに悩みもあるようですが、
親はみんな通ってきた道です。
二人は良いお母さんに恵まれているのですから、
お母さんに相談して、お母さんに甘えて、お母さんを見習って
元気に子育てして下さいね。

いつか、もしかしたら・・・オリバー一族2世をオリバーが教えたりして。
それもまたおもしろいね。保護者会で一族お母さんに会うのもいいね。
京都大原三千院・・・この言葉を聞くと・・・
「恋に疲れた女が一人~♪」と口ずさんでしまうオリバーです。
母がフォークギター片手によく歌っていた歌でした。

母も行きたかったであろう三千院が京都旅行の締めくくりでした。
ちょっと雨の降る三千院・・・心もしっとり参拝です。
三千院.jpg
このお地蔵さま、可愛いでしょ。
兄のブログにもそっくりな写真があるけれど、同じなのかなぁ。

三千院では思わぬお土産を見つけました。
モミジの小さな芽です。
紅葉の芽.jpg
プロペラ付きの種を落とすモミジですが、苔にのり芽を出したようです。
落ち葉が掃かれる時には一緒に集められてしまうでしょう。
そこで、そっと拾ってティッシュに包み持ち帰りました。

春に葉っぱの芽を出すか?このまま枯れてしまうのか?
ちょっと初挑戦なのでわかりませんが、枯れていないといいなぁ・・・
三千院とのご縁が毎年色づくなんて・・・素敵じゃありませんか。

最近、たくさんお寺や神社をお参りするようになって
日本人は出会いや縁を大切にする民族なんだなぁと、つくづく感じます。
教師という私の職業も出会いや縁なしでは語れません。
何かに導かれて出会って、それを良い縁にする。
その縁を大切にするのがオリバー一族という集団でありたいな、と
思っています。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

このアーカイブについて

このページには、2012年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年11月です。

次のアーカイブは2013年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。