2014年9月アーカイブ

挨拶、返事は大きな声で!自分で起きる!部屋の掃除!
この3つは娘たちに厳しく厳しく・・・言ってきた。
しかし、これがなかなか完成しない、躾のむずかしさか。

この我が家の「父の教え」というべき三訓が『実感』として
娘の役に立つときがやっと来た。

長女:菜月20歳の理学療法士の病院実習のこと。
娘のしっかりした挨拶と、明るい返事が好評で、
ずいぶん褒められたらしい。
「こんなことで??」とも思ったらしいが、これができないことには
はじまらないのが人間関係。そしてなかなか実践できないのである。

実習の成績も、理学療法の技術については経験を
どんどん積んでいこうという評価でしたが、これは当然。
しかし、生活面、人間関係面ではすべての項目で「良」でした。
就職活動ではこちらの項目の方がずっと重要視される。

『パパに厳しく言われてきたことが、どうしてかわかったよ。』
と笑顔で話す娘を眺めながら、心の中で(あー、よかった。)と
ほっと一安心するオリバーでした。
『嫌われてもいいから、これだけは厳しく教える!!』なんて思っても
実際嫌われるのはこんな事言う人ほど心の中では嫌なものだ。
『実習が無事に終わったお礼に・・・』と言って娘がお土産を買ってきた。
kenage.jpg
お礼をしていただくようなことではないのだが・・・心からうれしい。
大人になるというのはこういうことなのかな・・・しみじみ感じた。
自分が教育実習を終えた時、母に向かって『やっと終わったよ。』とか
『疲れたー』とかしか言わなかったと思う。娘の方がすでに立派か。

あんまり嬉しくて写真にとって、スマホの待ち受け画面にしました。
スマホを使用するたびに幸せ気分です。親の自己満足かな?(笑)
三訓がずっと守られ、実践され、娘の幸せに繋がっていってほしいな。
最近は甲府の別荘によく行きます。別荘というと高級感あふれますが、
おばあちゃんち・・・そのもの。ゆっくりした山梨の住宅。

その庭木や雑草をきれいに剪定し、少し広い空間を得ました。
・・・そこで、そのスペースをウッドデッキにしてバーベキューをしよう!
ということになった。

でも、そうなると、雑草木の剪定だけではすまされない。
土を平らにし、基礎を作り、土台を埋めて、木の枠を敷き・・・
デッキになる板を敷き詰める。
今年中に完成しみんなでBBQをするのが目標なんだが・・・

今はいろいろ忙しい時期でもあり、体の疲れはピークだ。
でも、そんな萎える心を知ってか知らずか、妻が買ってくれたのは
『鳶服』だ。ワークマンはとても安く職人服が手に入る。しかも丈夫だ。
鳶.jpgのサムネール画像
上着にズボンにベルト、足袋型の靴まで・・・
職人気取りが大好きなオリバーだから気分もアゲアゲ!!
こんなカッコがしたかった!とばかりに仕事に精を出した。

着てみるとわかるのだが、丈夫なだけではない、とても機能的。
ひざには負担が全く無いし、靴には泥もないらない、上着はザクロの
トゲも通さなければ、虫に刺される心配もない。


今後時間があれば甲府に行ってウッドデッキ作りになりそうだ。
完成までが一番楽しい。途中経過報告しますね、
どんなものが出来上がるのかな。お楽しみに。
完成したら一族のみんなも呼んでBBQしたいな。
これを読んでいる君が・・・肉を食う日も近いかも!!

ハードな旅行は2日目も。
朝6時に起きて散歩。久しぶりの朝食。

宿をたって本日の目的地:永平寺に行った。
小学生の時に一度家族で行ったので35年ぶりかな。
記憶通りの所と、記憶と全く違うところ・・・でも、永平寺は
やっぱり、ゆく年くる年の豪雪景色が良く似合うお寺です。
eiheiji.jpg
naname.jpg
窓格子まで斜めになっている階段。冬は雪は入らずとも、寒いだろうなぁ。

雲水(修行している若い僧)は、約1年間、TVなし携帯なし。連絡は手紙。
自由時間は1日1時間半・・・昔ながらの修業です。
連絡は手紙・・・これがいいね。後は『只管打坐』ただただ座禅するのみ。
DSC_0392.jpg
午前中に福井を出るも3連休最終日は渋滞必至。

中央道と東名道はともに30km渋滞でしたが、東名を選択。
それでも渋滞通過に2時間はかかったかな。中央道の小仏トンネルは
もっとかかってしまうだろう。それに透明を選択した理由はもう一つ。
海老名から八王子まで圏央道がつながり、30分ほどで通過できるから。
故郷のお山、高尾山にトンネルを掘るのは、子どもの頃から反対してたのに
こんなに便利になると・・・チャッカリ利用していい気分になっている・・・
高尾さんの天狗様に舌を出してペコリと挨拶してきました。

やっと7時に帰宅。7時間運転は体を固くします。
すぐに剣道の用意をして出発。9時半まで稽古をしました。
汗もかき、体もほぐれ、スタミナはエンプティ。倒れるように寝ました。


ハードな旅行でしたが、心は落ち着き、すがすがしい時間でした。
妻ともゆっくり車の中で話をしました。もちろんたわいもない話ですが。

今度は西国三十三観音巡り・・・奈良編だそうでして、また遠いなぁ。
土曜日に剣道形の練習試合があった。来月の本番前の前哨戦。
大切な練習試合をなめていた。心の中で(優勝かな?)と思っていた。
しかし、結果は・・・1回戦負け、しかもノーマークのペアに。
何とも情けない、試合結果も、自分の甘い考えも、自分の形も。
いろいろ悔しくて、いろいろ恥ずかしくて、いろいろ腹が立って・・・
久しぶりに真剣にリベンジを誓っている。

そんなイライラからかよく休むこともできず・・・夜中に旅行に出発だ。
嫁さんと二人、車で東名高速を通って、名古屋、そして琵琶湖。


朝8時から西国三十三観音巡りのうちの観音正寺と長命寺に行く。
どちらのお寺も石段が有名でふくらはぎがパンパンになる。
長命寺は3回目の参拝だ、とてもいいお寺さんで夫婦ともに
気に入っているので3回目。行けばわかる。行ってみて是非。

その後、伊崎寺に立ち寄る。比叡山別院伊崎寺にはある御坊様がいる。
比叡山千日回峰行大阿闍梨・上原行照様だ。ご縁があって近くに行くと
訪ねるが、今回は3年ぶりかな。運よくお会いできた、とても元気そうで
私たちもたくさんの元気を頂く。ここもいいお寺さんです。是非。
本尊は不動明王、夫婦は酉年で守護神が不動明王というご縁なのです。
isaki.jpg

その後、竹生島によって観音巡り。昼飯も食わずに・・・福井に北上しました。
寄り道寄り道して、やっと福井の東尋坊についた時にはちょうど「サンセット」
yuuhi.jpg
太平洋とは全然違う様相の日本海に、夕日が沈んでいきます。
写真より素晴らしい景色と時間でした・・・がしかし、実は・・・
目を落とすと、こんなに観光客が東尋坊にはわんさか居ました。
hitodarake.jpg
日が沈むと人もどこかへ消えて、急に静かになり、暗闇が覆います。
夕飯を食べて、宿に戻ると安い宿の部屋は四畳半、景色なし。
クタクタの体を布団に乗せると溶けるように寝てしまいました・・・

一日目、終了です。
つづく

『物持ち』がいいオリバーだけど・・・
今回は実質3ヶ月で使い物にならなくなってしまった。
捨てるには忍びない・・・戦友だったから。
3ヶ月.jpg

この靴は偏平足で幅広の足を持つオリバーにとって、足型から作ったのでは?
というくらいピッタリな靴だ。スポルディングのワイドタイプシューズ。

値段は安いがこれ以上のトレーニングシューズに出会っていないので
リピートして購入している。約3000円。

靴の中敷きの穴の開いているところ・・・ここは剣道家がみんなマメを作る部分。
重心を載せて相手を攻める一番重要な場所。
歩くときでも自然にここに重心が載るらしい・・・両足の中敷きに穴が開いた。
ただ、中敷きにあいただけではなく、靴のソールが擦り減り潰れて薄くなっている。
周りがきれいでも、これでは限界、サヨナラするしかない。


7月8月9月と・・・断食の時も一緒だった。
断食期間は1日5キロ~20キロ歩きとおしたし、今は登下校に往復14キロを
毎日歩いている。靴が潰れ、擦れるのも当たり前だ。
あだち充の「タッチ」・・・の漫画のかっちゃんが毎日ランニングして靴をすぐに
ダメにしてしまうくだりがあったが・・・知らないか。

まぁ、捨てがたい戦友を捨て、今日、同じ靴を買ってきた。
でも、痩せたせいでサイズを5mm小さくした。
あまり体重の上下を経験していない人にはわからないだろうけれど、
体重が減少すると、足のサイズもずいぶん変わるんですよ(笑)

新しい靴で、新しい戦友として、またメタボと戦うのだ!!
今日、楽しみにしていた同窓会がありました。
花の高校3年生!27年ぶりにもかかわらず、
クラスの約半分も集まりました。
前回の同窓会には剣道の遠征で出席できなかったため、
懐かしい同級生との再会は心躍る時間です。

『同窓会』 = 『脳ミソのタイムマシーン』 かな。
『脳ミソの錯覚』ともいえる現象の起き続ける空間かな。

視覚で認知した同級生は当然45歳なりの老け方をしているし、
変化がいたるところにあるはずなのに・・・同窓会という空間では
その人の声や、目だけの特徴を認識すると、脳ミソが時間をこえて
高校生時代に記憶していた映像や音声と混同してしまい、
まるで自分たちが高校生の頃に戻ってしまい、話し方や人間関係まで
当時のままに再現されてしまう・・・そんな不思議な空間・・・なのです。
(オリバーが、みんなに高校3年生の姿で映っていたかは疑問ですが。)
 ↓ 卒業アルバムのオリバー 高3 18歳だね。
高校3年生.jpg
そして話題は当時の些細な言動や、小さな事件、恋愛裏話などなど
なのだが、忘れていたけれども頭の隅にささっていた記憶の断片が、
友達の口から語られると、脳ミソに魔法がかかったように、断片が鮮明な
記憶としてよみがえることがある。
『そうそうそうそう!!』何度叫んでしまったことか。
その繰り返しは、自分が若かったあの頃に戻っていくような錯覚に
なるのだなぁ・・・心地良い、そして甘酸っぱい思い出の錯覚の世界。


オリバー一族は卒業してからもオリバーキャンプで毎年で会うことが
できたし、成人式には同窓会をやったりと・・・他の人に比べれば
同窓会のような機会は多いかもしれない。
(特に小学校の仲間とは普通は同窓会はあまりやらないもんね。)
しかし、1期生でももう33歳??ずいぶん会っていないよね。
数人でもいいから一族の人達で集まる機会を設けたら、一応・・・
オリバーにも声をかけてください。時間が許す限り参加したいと思います。

そして、脳のいたるところに刺さっている小さな断片を記憶に戻して
懐かしい話をしたいと思います。
5期生の女子は数名で企画をし、今度、甲府の別荘で同窓会をします。
今のみんな、そして記憶の断片にしまわれているみんなと会いたいなぁ
・・・と思う今夜のオリバーでした。  おやすみなさい

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

このアーカイブについて

このページには、2014年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年8月です。

次のアーカイブは2014年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。