2015年1月アーカイブ

1月28日 初不動
干支が酉年のオリバーの守護神は不動明王
お不動様の縁日は28日
今年初めての縁日なので『初不動』

毎年、初不動は高幡不動尊にお参りする。
朝5時の護摩焚きに今年も行ってきた。
天気予報では晴れなのにみぞれが降る寒い朝だったが、
二年前の大雪ほどの底冷えではなかった。
hatu.JPG

高幡不動尊についたのは朝の四時過ぎ。お堂に入ると誰もいなくて
ゆっくりお不動様を参拝できた。

護摩焚きが始まり、寒さも一段と強まると・・・「今年もか・・・」
あろうことか、昨年の失敗をもう一度繰り返している自分がいた。
何かというと、
靴下に穴が開いているのだ。子どもでもあるまいし。
そんなことがしょっちゅうあるわけではない。むしろほとんどない。
なのに、思い起こせば昨年の初不動でも靴下に穴が開いていた。
だらしがないから、この一年、気持ちを引き締めていこう・・・と
考えたのに・・・足の裏の穴に指を突っ込みながら、
はてさてどうしたものかと困惑してしまった。成長しないものだなぁ。

今年も気持ちをゆるめまい。今年も気をつけろよというお不動様の
声なのかもしれない。厄災は見えない足元からなのかもしれない。
そういう細かい所に気が付くような一年を今年こそは送るとしよう。

恒例になった初不動参りで「来年こそは穴のない靴下でお参りだ。」
そんなことを考えながら7時に帰宅、スグ準備して出勤!
穴の開いた靴下のままで・・・
冬の特別放流・・・シルバーサーモン(銀鮭)
ここ数年、釣りたくてもチャンスが無くて釣れなかった魚!

放流される魚の大きさは「塩焼きサイズ!」・・・小ぶりで20cmほど。
ニジマスのような鮮やかな色はなくて銀一色に光る魚体。
川の中にいても背中が少し黒く見えて、横腹が銀色に光る。

本日、24日(土)はそのシルバーサーモンの特別放流日だった。
でも・・・学校のPTA行事もあり、午前中はそちらに参加。
途中でスルリと抜けだして車を飛ばした。

何とか午後の放流に間に合って釣行開始!!
放流前はやはり釣れるのはレインボー(ニジマス)ばかり。
シルバー5匹が目標だったのだが、放流までは0匹だった。
待ちに待った放流でシルバーが入って、気合も入る。
レインボーとシルバーを交互に釣り上げ開始から2時間で
15匹ほど釣った・・・予想以上の釣果にまずまず満足。
しかし、シルバーは3匹。
お昼も食べなかったので釣れた魚の中で大きなレインボーと
ジャスト塩焼きサイズのシルバーをチョイスして食堂へ。
taberu.JPG
(手前がシルバー)食堂では釣った魚を安価で料理にしてくれます。
太った鱒は『刺身』にしてもらい、シルバーは『塩焼き』に。
大盛りのごはんと味噌汁をつけて・・・オリバーお魚定食の完成!!
ryouri.JPG
イイでしょ!! 自分で釣った魚・・・しかも新鮮!! 間違いのない美味しさ。
満腹になりました。

すると・・・満腹だから「狩猟本能」が機能しなくなるのか・・・残り1時間しか
ないのに全然釣れない。(放流効果切れもあるのだけれど)
釣れてもなぜかバラしてしまう。(針から外れてGETできない)不思議。
結局、その後はシルバーの釣果もなく終了。
tyouka.JPG
逃がしたのと、食べちゃったのをのぞいた10匹をお持ち帰り。
手早くさばいて帰りました。家ではきれいに洗って寒い夜空に一夜干し。
明日、何にしようかな。塩焼き?バターでムニエル?甘露煮??

久方ぶりのリバースポット早戸でした。
帰りの車では・・・
教務の仕事が山積みなのを否が応でも思い出し・・・
また明日から仕事も頑張ります。

大人は・・・切り替え、スイッチ、けじめ・・・それが大事。

(オーーー寒い!)

朝起きて顔を洗い、風呂掃除をして、洗濯物を抱えて
2階のベランダに出る。まさに叫びたくなる寒さ。

時刻は朝6時、まだ日の出前だ。洗濯物の水分が手の冷たさを増す。
凍えるような寒さを肌で感じた後、準備を済ませて家を出る。

家を一歩出てしまえば・・・オリバーの場合はもう気分爽快。

そういえば、比叡山無動寺・千日回峰行者の大阿闍梨様も
無動寺まで会いに行ってお話を伺った時に、
厳しい千日回峰行は毎日、寺を出る時が一番の勝負で、
『一歩出てしまえば、勝ち』とおっしゃっていた。
勝ちとは・・・まだ布団で休んでいたい、寒いから出たくない
疲れている、足が痛い・・・そんなたくさんの弱い気持ちに
自分の心が打ち克つことなのである。
千日回峰行は途中でやめたり、ケガや事故で続けられなくなったら
自害するために懐に短剣まで準備している・・・
そんな厳しい状況でもやはりみんな「弱い自分」は同じように
内在している物なのだなぁと、人の心の真理に触れた思いがした。
同時に、一歩踏み出した者が勝ちというその一歩の重みもよく分かった。
本物の成長も、本当の充実も、その一歩からしか生まれないんだなぁ。


家を出るのが6時半。まだ日の出前だが空は綺麗な朝焼けである。
雲一つない空だけに放射冷却で冷え込みも激しいが、歩き出すと
苦にならない。

西武線の踏切近くには『巨人のいす』と子どもたちが呼んでいる
巨大なイス型の送電線の鉄塔がある。
IMG_0023.JPG

こんな椅子に座るのはどんな人だろうか?とか、自分が小人だったら?
なんて考えながら歩いている。
そしてこの巨大な建造物を作った男たち(女性もいるかも)のすごさを
感じながら自分も力強く歩くのである。

日の出はもうすぐそこ。
日が昇ると一気に一日(仕事)の始まりというモードに頭が切り替わる。
学校の授業のこと、仕事の段取り、放課後の予定、帰りのイメージ・・・
東の空に向かって出勤するのは本当に気分がいい。
明日もまた、一番に目覚ましと戦い、そして布団の中から飛び出してゆこう!
9期生が成人式ということは・・・長女の菜月も成人。
9期生とは同級生だったのでオリバーキャンプにも参加させてもらい
友達もできたし、成人式の日も、場所も同じで・・・
おかげでみんなにも会えました。

でも、小学生の頃は学校の行事はほとんど重なってしまい、見に行けなくて
卒業式もオリバーはもちろん9期生の卒業式でした。
しかし、菜月も私もその辺は結構ドライで・・・「仕方ないね。」でした。

菜月は結構ドライ・・・な性格で、男の子が欲しいと強く願っていた
オリバーの気持ちを知ってか知らずか、「男勝り」の性格です。
着物も最近はやりの鮮やかな着物のパンフレットが山ほど届いているのに
「ママのでいい。」と、母親が成人式の日に来た着物を着ました。
IMG_0007.JPG
嫁さんの着物は職人が手作りした『辻が花』で、反物から作ったものです。
大変貴重なものだそうで、じいちゃん、ばあちゃんは孫娘のこの姿を
ことのほか喜んでいました。

オリバーの感性でも、これは大変良いことで、娘が同じ気持ちでいることを
うれしく思いました。
会場には本当に鮮やかな着物の女の子が多くて、正直、みんなの中にいると
少しぼやけたようにも見えました。でも、こうやって一人の写真を見ると・・・
親バカながら、やっぱり嫁さんと同じ着物でよかった、と思うのです。
成人式の会場では、同じように古い色、古い形の着物を着た成人の女の子を
何人か見かけました。
着物自体がいいものなのかを見定める目はオリバーにはありません。でも
間違いなく親から受け継いだ着物を着ている幸せを感じている笑顔でした。

お琴の宮城流免許皆伝までいった嫁さんがこの着物を着て発表会に出るのを
何度か聞きに行きました。それから20年近く箪笥にしまわれた着物でしたが、
久方ぶりにみんなにほめられて、着物も、作られた職人も喜んでいることでしょう。

親バカだなあと苦笑しつつ、それも、もうすぐ子離れして卒業しなければなりません。
成人し、立派になった我が子を嬉しく眺めるのが親ならば、もうすぐ離れていく
ことを覚悟して、ちょっぴり寂しくなるのも親心でしょう・・・といったら、
おじいちゃんも、おばあちゃんも、嫁さんも・・・
『菜月は手放せない、婿をもらう!』・・・だって。
これじゃあ、未来の婿さんも大変だ、オリバーのように。
image1.JPG
会場で会った美しい着物のお姉さま方です。
みんなよく着物が似合っています。日本の和服って、本当に良いですね。
成人式に着物を着る風習が残っていて本当に良かった。

でも、着物にこだわらないでスーツの女の子も何人かいましたが、
それはそれで、なかなか芯のある女性とご推察。いいと思います!

会場の外で偶然に出会った男子諸君!うん、さわやか。 特にナカタニ君。
IMG_0005.JPG
みんなそれぞれいい顔して、大人になって。

前回のブログでも書いたけれど・・・本当に親に感謝ですね。
小学校の頃大変な思いをしてみなさんを育ててくれていた保護者の皆さんの
顔を思い出します。みんなの知らないところで涙されている姿も見ました・・・

思うに、親からすれば『子育て』は当たり前。感謝されなくてもいい。
健康で、まっすぐに、迷惑をかけず、人様の役に立てるような人物に・・・
育ってくれたらいい。そのためには自分のことよりもまず先に、子どものこと。

子どもからすると、そんな親心は露知らず、うるさいなぁ、うざいなぁ、
わかってるよ・・・なんて思いながら育つのかもしれません。でも、成人したら
これから数年ののち自立することもしっかり考えて生きていきましょう。
自立する、家族を持つ、親になる、子育てをする・・・そういう人生の節目ごとに
絶対に親の気持ちがわかるようになり、親への感謝が生まれ、親の苦労を
自分も体験し、自分も親になるのです。

父親がいないで母子家庭で育ったオリバーは、母親への感謝の気持ちが
小さい頃からずっとありました。成人した時にはその母親の庇護のもとから
離れる時を想像し、未熟な自分に震えたことを憶えています。
少し焦りながら社会に出て就職し、自分で給料をもらい、自信をつけて・・・
23歳で結婚し、独立しました。周囲より少し早かったかな。

成人の日のオリバーもちろん20歳!(まだスマート)
成人式  自分.jpg


IMG_0009.JPG
本日は成人式
9期生の皆さん・・・おめでとうございます。
写真のほかにもたくさんの9期生のみなさんにお会いしました。
会場にはあんまりたくさんの成人たちがウジャウジャいて・・・
人混みが大の苦手なオリバーは粘ってその場にいることができませんでした。
お会いできなかった成人のみなさん、ごめんね。

それにしても、みんなトッテモ素敵でした。
やっぱり女性の方が着物姿で豪華絢爛でしたが、男子もなかなか!
大人になっていて、一見しただけではわからない人もいました。

小学校卒業から8年という年月は、オリバーの8年とは比べものにならない
くらいの変化をみんなにもたらすものです。心も、体も。
それが正しい成長で、しかも充実したものであることをオリバーは願っていました。
今日みなさんのお顔を拝見し・・・みんないい顔してました!安心安心。


さて、成人式は元服だから、大人の仲間入りです。
みなさんにお願いがあります。

①家族からいただいた愛と恩を、もう一度しっかり意識してほしいということ。
 誰でもなく、家族こそが一番近くで、寄り添い支えて来てくれたことを。

②誠実であってほしいということ。どんな人にも元気に笑顔であいさつ。
 それだけでいい。加えるなら約束したことを守るように努力する。
 時間をしっかり守る。相手のことを考えて行動する。

③社会に貢献できる仕事につくこと。どんな仕事でも貢献していると思います。
 犯罪や詐欺まがい以外は。自分の仕事がだれかの役に立っていると信じ
 情熱を傾けて働いて下さい。それが大人。

④家族を持ったら・・・これはまた今度にしましょう。

以上がすぐにできる人になりなさいと言っているのではなくて、意識すること。
オリバーもできないこともあるし、時に、失敗することもある。
そうしたら真摯に反省し、また、明るい未来を信じ自分らしく進む。

『明日は味方』

大人になった皆さんと、またゆっくりお会いしたり、話しをしたり・・・
そんな機会を楽しみにしています。

祝・成人  本当におめでとうございます。

今年も一族の皆さんからたくさんの年賀状を頂きました。
年賀状が唯一の交信・連絡手段の人もいるので・・・
近況が聞けてうれしいです。

数年ぶりに連絡をくれる人もいるし、毎年の人も。
シュールな年賀状、大笑いの画伯、そして・・・
心のこもった手作りの年賀状。 本当にありがとう。


さて、55555キリ番がだれが踏んだのか・・・という謎ですが
それも年賀状にて判明。
証拠写真付きの年賀状は・・・まさかのメグちゃん家族でした。
過去に何度もキリ番を踏んでいる奇跡の母娘。
それほどブログを愛読していただいてうれしい限りです。

でも、しょっちゅう見るだけなら自分でもその可能性は高いのに
キリ番に当たるのはやっぱり運でしょうか。コツがあるのかな?
オリバーブログのキリ番より、宝くじ買った方がいいのでは??

実はキリ番用に準備していた品は年末に他の方にプレゼントしてしまったので
また、何か考えて準備します。気長にお待ちください。
もうすぐ正月もあけていよいよ新年の始動ですね。
インフルエンザ、風邪・・・注意して元気に過ごしましょう。
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
DSC_0541.jpg
こんな感じで・・・年越してきました。
たいへん心が澄んで良い心持で新年を迎えました。

2015年は自分にとってどんな一年になるのだろう。
仕事も、家族も、剣道も、趣味も・・・大きな変動というよりは
ある程度落ち着いた充実期になるのではないかと思っています。

人間は充実期にしっかり充実しておいたものが変動や返還をする時の
「羅針盤」になったり、「動力」になったりするものです。
充実期に何に重点を置いてひと時ひと時を大切に過ごすか・・・
やはり未熟な自分は人間形成に力を入れたいと思います。

年末には自分でもびっくりするようなショックな出来事が人間関係で
おこりました。とても凹んだ12月でした。
「信用」「信頼」の難しさよ。でも、結局 『誠意』しかないんだ。
その確信を今年一年は貫く年にして行きたいと思います。


さて、義祖母の他界で一応喪中の我が家の御節料理は控えめでした。
それを元旦で食いつくして・・・今日の夜は・・・ラーメンでした。
熊本ラーメン.jpg
このラーメン、熊本からわざわざ贈っていただいた生ラーメン!
スープはもちろん、チャーシューやメンマ、キムチまでセットでした。
最高においしいラーメンに家族みんなで舌鼓を打ち、TVを観ました。
まさにお正月。

普段ほとんど観ないTVの観すぎで頭がくらくらしたので部屋に来て
これから年賀状のお返事書きです。
一応、喪中なのですが年賀状が来た方には年賀状を出します。
一族の皆さんも年賀状ありがとうございました。
のんびりお返事をお待ちくださいね。


では、良い『初夢』を今晩は見ましょうね!!
一富士 二鷹 三茄 ・・・ 四剣道 五魚 六美人!?かな。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

このアーカイブについて

このページには、2015年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年12月です。

次のアーカイブは2015年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。