2016年12月アーカイブ

どうしてだろうか?なぜだろうか?いつからだろうか?

人間成長する上で性格や、趣向が変化することはあるだろう。
自分もずいぶん変わってきた。

カレーライスが好きなだけ食べられなくなった。
朝・昼・晩 一週間連続でもよかったカレーライスが・・・
朝CURRYはNGだし、カレーパンは1個もダメになった。
胸焼けしてしまうのである。剣道前カレーは最悪・・・

うどんより蕎麦の方が好きになったし、大盛丼より定食、
サラダバーが大好きになった・・・全部食べること??
しかも、老化にともなうものばかり。

本題はそうではなくて・・・性格の方。
中学生くらいまでは本当にダラダラしていた。
家のことは結構手伝ってはいたが、内心やりたくなかった。
ほめられるのが嬉しかったのと、母の役に立ちたかった、
そして、やらない時の母が怖かった(笑)これ本音。

でも、今は莫大な量の仕事を分刻みの処理計画をたてて
毎日毎日「砂山崩し」をするように片付けている。
そうしないと、期限に間に合わないものや、学校の行事に
間に合わなくなってしまう。
人の仕事とか、自分の仕事とか言っていられない。
周りを見渡せば・・・先生方はみんな疲れている。

そう、疲れていることが一目瞭然、学校は確かに残業代無しの
ブラック企業なんだ。元気な人が仕事をやるしかない。


あれ、こんなに働き者だったのは・・・いつからだろうか?
あれ、こんなに働く気になるのは・・・なぜだろうか?
あれ、こんなに働くのはそもそも・・・どうしてだろうか?


それは、仕事が楽しいと感じた初心の頃からだったし、
誰かのためになるという「やりがい」を信念にしているからだし、
自分のため、家族のためだからだろう。
ダラダラしていた子どもも、こんなに変わる可能性はある。


12月27日・・・我が学校はこの日がわけあって今年の仕事納め。
本日28日は妻は仕事だけど、自分だけお休み!!
いつもなら・・・ひとりでも大掃除を始めているだろうが・・・
今日は何もしないぞ!ダラダラするぞ!!の日にしました。
そして寝れるだけ寝て、くだらないTV3時間見て、また無理に寝て
明日からの大掃除に備えてリセットです(笑)
本来の自分の本性に出会ったというか、たまったストレスが
抜けていきました。
人には言えないムカつくこと、悔しいこと、恨み辛み・・・
口から出さずに夢の中で溶かしました。

でも、洗濯取り込み・たたみ、お皿・台所ピカピカ、お風呂掃除
犬の世話・散歩、ゴミ出しだけはしっかりやりました。
怒られないように((笑))
信州信濃の蕎麦よりも わたしゃあんたのソバがいい

なんて言葉もありますが、オリバーは蕎麦が大好きです(笑)
冬も本番になって寒くなってくると、そばの足も真っ赤になって
くるのかなぁ・・・と、さらに蕎麦が恋しくなります。

もちろん、暑い夏も、きゅっと冷水で絞められた蕎麦を
のど越し良くツルツルっといくのも大好きです。

国内の旅行に行くと、清流が流れ、里山が広がり、のどかな
風景に心も癒されますが、そうすると・・・
必ず食いたくなるのが「手打ちそば」ですよね。
でも最近は観光地化がイヤに進んだ場所では「エセ蕎麦屋」が
多くて、本当においしい蕎麦を食わしてはくれません。
せっかくの雰囲気を台無しにするような店も多いのですが
逆に言うと、街中でも、本当においしい蕎麦屋はあります。


オリバーの家から徒歩5分!!
本当においしい蕎麦屋があります。値段が観光地並みの
ちょっと高めの1000円前後なので、ほんの時々しか行きませんが。
時々行くと、旅行先で見つけた名店のような嬉しさが味わえます。
名店.JPG

写真は大好きな「梅おろしそば・・・もちろん大盛り」です。
結構な盛りです。そして、蕎麦が本当においしいし、上等な手打ちです。

こんなおいしい店があるなら他で食わなくてもいい!かな。
それくらい美味しいので・・・行くのは年に2回くらいです。
本当に他で食えなくなるのも怖いし、行きつけの店にしてしまうと行った時
の感動が薄まるし・・・1000円の蕎麦は高い!!という感覚も大切に
しておきたいと思います??(笑)
仕事に行くときはリュックをかついで行っていた。
それは、ウォーキングで行ったり、自転車で行ったりしていたからだ。
しかし、最近は足底筋を痛めるのでウォーキングでは行けない・・・
自転車通勤になり、年齢も50歳間近になった。

そこで、リュックを卒業し、ビジネスバックにすることにした。
かばん屋さんに行くと色々な種類がある。
店頭ワゴンセールの安いバックばかり見ていると、奥様から「もう主幹
なんだから、少し良い品を持ちなさい。」とたしなめられた。


でも、どうしても、1万円を超えるものを買う気にはなれない。
貧乏たらしいというか、1万円以上に慣れていないというか、欲もない
というか、すぐ汚すというか・・・でも、そうだよな・・・と思う。
高校生の頃から安物ばかり買っているが、しっかりした良い物を持つ
というのも大切なことだ。
品格だったり、それを持つのにふさわしい行動だったり・・・ね。
『じゃぁ、これからは帰りにコンビニ寄って、パンかじりながら帰れなく
なるなぁ・・・。』なんて残念がっている自分に気付き、高校生気分が
抜けないアラフィフの自分を恥じた。

さぁ、1万円以上のバックにするぞー!!・・・で、これ。
X'masプレゼント.JPG
落ち着いてるでしょ??
使い勝手も良く、品もある、色もなかなかよし、そして1万円を超えている。
長く使えそうだな、こりゃ。

するとまたまた奥様が・・・「ここに傷がある!」と目ざとく指摘。
よーく見ると、傷というか、色褪せというか、シミというか・・・そんじゃぁ、と
お店の人に在庫を確認すると、現品のみ。
お店の人もそのシミのようなものを見て・・・『現品なので10%引かせてい
ただきますが、いかがでしょうか。本当にすみません。』と言うではないか。
こちとら始めから全然気にならないのに、10%も引いてくれるなら・・・笑
「もちろんです。ありがとうございます。」と、いよいよこのバックを気に入り
運命すら感じた。「あばたもえくぼ」である。


安くなってご機嫌なのは私ばかりではなく、奥様も満足げ。
そして「X'masプレゼントね。」と、なんと買ってくれた。
いよいよこのバック、生涯の友に出会ったような感じすら受けて、大事に
抱えて帰ってきた。

(嫌な仕事、嫌な人と会う時には、最高に気に行っている服を着て、一番
のバックをもって出かけるものだ。)と言ったのは、私が尊敬してやまない
ムツゴロウこと畑正憲さんだ。
お気に入りに囲まれている満足感や安心感が、自分を不幸から守り
幸福にしてくれる。そういう自分で行く方が、成功する。そう信じる。
よく分かる気がするなぁ・・・でも、
大好きな仕事に行くのに、お気に入りのバックで出かけるのだから・・・
この上ない幸せだな、おいらは。

教師生活25年記念のクリスマスプレゼントを持って、早く月曜日が来な
いかと、ランドセルを買ってもらった年長さんのようなアラフィフでした。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

このアーカイブについて

このページには、2016年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年11月です。

次のアーカイブは2017年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。