暑い時には・・・ガッツリ肉

最近では元気な高齢者が、ガッツリと肉食!!らしい。
そういえば旅行に行っても、観光バスのタフな旅に齢者がいっぱいで、
観光地でとる昼食などは、オリバーでもゲッソリするような大盛りの天丼
カツ丼をガツガツと食べていて、「あっぱれ―」と叫びたくなる。
そんな元気なお年寄りは、それだけで尊敬に値する。

そうはいっても、オリバーだってまだ40代!!(ギリギリ)
負けていられないとばかりに、ここ最近のだるい暑さをき飛ばさんがため
ガッツリと肉を焼いてみた。

ジャジャーン!!500g!のステーキ!!
500g.JPG

はじめに言うが、高級な肉ではない。国産牛でもない。
「厚み」と「重み」が自慢の筋張った、そして歯ごたえ抜群の、のど越し
力任せのこの肉は・・・なんとなくオリバーそのもの。
値段だって、この壮観な大きさで800円を切ります。

焼き方はもちろん「レア」だが、これが難しい。この手の肉はレア過ぎても
固い筋が邪魔をするし、かえって味が出ない。
表裏にアメリカ土産のハーブソルトを大量にふって、強火でジュワっっと
焦げるくらいに焼く。裏返す。またジュワっっ!そしてこの後・・・
オリバー流は火を止めてフライパンにふたをし、10分ほど待つ。
すると・・・理想のレアに焼きあがり、肉の臭みは程よく残しつつ肉肉しい
味わいを楽しめます。
もちろん一人で、肉に食らいつき、顎が疲れるのを楽しみながらグイグイ
飲み込みます。半分ほどで炭酸飲料でリセット。最高。
また、グイグイ、ゴクゴク。

スタミナついてんなー!!なんて叫びながら食べている時だった・・・
ふと、なつかしい感覚が脳のシナプスを横切る。
思い出回路がつながってくると・・・はっきり記憶がよみがえる。


『そうだ、オリバーキャンプだ!!』

キャンプの時には、とにかく肉は量、大きさ、安さ。
アツアツの鉄板でガ――――っと焼いて、裏返し、切り分けて食べる。
あの肉は、オリバーの青春!?の味。そして大好きな肉の味。
暑苦しいキャンプ場の暑苦しい鉄板の前で、何十人分も焼いたあの夜。

参加した人には、この思い出の焼肉、ステーキ、思い出せるはず。
でも・・・

きっと皆は大人になって、霜降りの肉がいいとか、国産牛がいいとか
固い肉なんか食ってないんだろうな。
家で、500gの安い肉なんか食いちぎっていないんだろうな・・・
あぁ、オリバーキャンプやりたいなぁ。
でも、皆は大人になって、オリバーが大好きな肉なんか、食べられない
弱い顎になってしまったんだろうなぁ。


今年の夏も、恐竜の映画シリーズが入ってきたらしい。
恐竜のように肉を食いちぎりながら、グイグイ飲み込みながら・・・
そんなことを考えた、夏の夜でした。

とにかく、昼間も、夜も熱い日本。
体と心のスタミナをなくさないように!!
元気に過ごして下さいね。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 暑い時には・・・ガッツリ肉

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.oriver-clan.net/blog/mt-tb.cgi/1078

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

このブログ記事について

このページは、oriverが2018年7月19日 23:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「気付いたら・・・10周年でした。」です。

次のブログ記事は「8月2日 銀婚式」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。